« 「崖っぷち犬」の行く末は、、、2 | トップページ | バハけん来る! »

2007/01/31

「崖っぷち犬」たちのこと

もうこの言い方したくないけど、昨日のつづきなのであえて使わせてもらいます。
単なるぼやきのつもりで書いたけど、ワタシと同じ思いの人たちが多いことに、さすが柴パラを愛してくれる人たちのわんこへの愛情の深さに感動しました。

皆さんの言葉を代弁したく、徳島県動物愛護センターに電話で気持ちを伝えておきました。
田舎らしく対応ものんびりしていましたが、やはり同じような問い合わせや抗議などはずいぶんあったようでした。

抽選で当たった馬木さんのところへもマスコミが殺到して大変らしいです。
気になった高年齢については、「元気だから大丈夫」の一点張りで考え方が全く違い、「初めて犬を飼う」ことについても地域柄ご近所がケアしてくれるそうです。「保護してから2週間経っているので人間に懐いているから大丈夫」と呑気なこと言っていました。一応抽選の前に書類審査は行っていたそうです。
多くの保護犬を譲渡しなければいけないので、「初めて」だからと断ることはできないとの事。確かにわかる気もしますが、やはりその後の調査をしっかりして欲しいとお願いしました。同窓会のようなことも定期的にあるそうです。

抽選に来た人たちの中でもヤジウマ的な人もいたそうですが、ハズレた人の中でも他の子を引き取った方もいたそうです。(当たり前なんだよね、それが)
次回は2月11日にやるそうで、そこにまた姉妹犬も含めたくさんの保護犬が出るそうです。TVの影響で、問い合わせはすいぶん多くなったということで、メディアも少しは役にたったかなって感じです。

HPを見る限りでは、建物もりっぱで活動もしっかり定期的に行っているようで、単なるお役所仕事とはちょっと違った感じで多少安堵感がありましたが、今回の私のような電話が多かったことで、センターのほうでも今後の譲渡会について見直してくれたらいいのですが、、、

|

« 「崖っぷち犬」の行く末は、、、2 | トップページ | バハけん来る! »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

kazu姉さん問い合わせたんですね。
でもあの飼い主さんは随分甘く考えているように感じたけどね。。。まあ気持ちを入れなおして本気で取り組んでくれるんならいいけどさ。
でもkazu姉さんと同じ様な考えで問い合わせが多かったのは少し安心しました。
今は情報がすぐわかるからこの子の動向もわかると思いますよ。

投稿: きなこパパ | 2007/01/31 22:26

>きなこパパさん
うん、やっぱり同じ考えの人が絶対に多いと思ったから
そのことを伝えたかったの。
だからと言ってあの子を今の飼い主から引き離すことは
今はもうできないわけだから、少しでもいい方に進んで欲しいわけよ。
ここまで公になってしまった子だからその後はやっぱり知りたいよね~
私はあの子を思いっきり抱きしめてあげたい気分だよ。

投稿: kazu姉 | 2007/01/31 23:00

ご無沙汰しています。ヘタれっこのくぅちゃんの一美ぃです。
一美ぃもKAZU姉さんが思っていたこともっともだと思います。ニュースみて驚いたもん。今日、あった友達とも「何で抽選なん?身元調査して環境調査して選考するんがホンマちゃぬうん」と友達と怒ってました。行政機関って。あんなんでしょうか?愛護団体だったらあのりんりんちゃんを「若葉マーク」の飼育経験ゼロのおばちゃんに渡さなかったと思うんですが。
一番、かわいそうなのはあのりんりんちゃん。また、違う環境それも最低(失礼も承知)な環境でまた怖い目にあうんじゃないかと気が気でないです。

投稿: 一美ぃ | 2007/01/31 23:31

kazu姉さんご苦労様です。
犬には飼い主は選べない・・だからこそこうゆう所ではしっかりと選考して犬を引き渡して欲しいですよね。でも、実際の所これが実態なんですよね~
今回はテレビの影響でかなりの人が来たようですが、他の所は分りませんが札幌は、純犬種にすごい候補があがり先着順でしかも人が沢山いる場合はじゃんけんで犬の運命が決まってしまうのです!!恐ろしいですよ~
くうーの場合・・手から餌をあげることから始めました。
初めは全然食べてくれなかったんですよ~人に対しての警戒心ははんぱじゃないです。

投稿: まりんママ | 2007/02/01 10:06

kazu姉さんのレポートを読ませてもらって、やっと状況が見えてきました。最初は、どうなってるのか?と思いましたが。徳島県動物愛護センター、とても立派な施設なんですね!新潟県には、こういうもの、ありません。あのワンコは、引き渡させるまで、処分待ちの部屋にいたのかと思い込んでました。飼い主さんの悩みに答えてくれる、しつけ方教室などのフォローも月1回実施してるそうなので、なんとか、がんばってくださることを願います。私も、初めての犬が、保健所からの迷い犬で、想像もしないことを、犬からたくさん学びました。

投稿: つま | 2007/02/03 11:35

はじめまして。
うちは猫しかいませんが、もらったり拾ったりで選んでる暇なんてないですね。
犬が欲しいなら近くでいくらでも里親探しをしていると思いますし。
姉妹犬に貰い手がつかなかったと報道されましたが、
今度はその姉妹犬を引き取りたいという電話が殺到しているそうですね・・・

投稿: paru | 2007/02/03 16:10

>一美ぃさん
お久しぶりですぅ~
初めて飼うからってすべてがダメなわけじゃないけど
やはり今回のわんこは助けられ方もフツーじゃないし
ある程度犬のことを理解してる人じゃないと難しいよね。
それにあの年齢では家族というより番犬にされそうだよ~

>まりんママさん
今回のケースはまず信頼されることが先決だから
できればおうちの中で家族として暮らしてくれる人に
引き取って欲しかったよ。
抽選じゃなくて11人の中で適した人を選んで欲しかったなぁ。
今でもどうしているんだろう、、、って気になって仕方ないよ。

>つまさん
お久しぶりです。
そう、施設りっぱですよね~いろんな催しがあるようで
HP見て少し安心しました。
でも応対の状況からすると、「ひとごと」って感じで
真剣さは伝わってきませんでしたよ。
つまさんも初めてのわんこがぶうこちゃんですものね~
りんりんや他の保護犬もぶうこちゃんのように
幸せになってくれるといいのだけど、、、

>paruさん
はじめまして。
私も猫を拾って育てたり、里親活動をしていたので
わかります。
猫の場合生まれたばかりの赤ちゃんとかなら
結構貰い手あるけど成猫になると難しいし。
TVの影響はすごいらしいですよ。
電話は多くても実際に来る人、どのくらいいるんでしょうね~
他にも同じような顔したわんこがいっぱいいたような・・・

投稿: kazu姉 | 2007/02/03 21:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「崖っぷち犬」の行く末は、、、2 | トップページ | バハけん来る! »