« 新作 | トップページ | 福島の犬たち④ »

2011/05/22

福島の犬たち③

ミグノンの被災地から来た動物たち・7が更新されています。

ココ1週間、今度は私が連鎖反応?でずっと体調悪く、とは言っても「喉が焼けるように痛い」以外は別に熱があるわけでもなく、食欲もあったのですが、話したくても話せない、食べたくても食べられない、 頭がぼうっとしている状態が続いてました。

そんな矢先、ミグノン救援隊は福島30km圏内(もう20km圏内は入れず)まで犬や猫・鳥の保護にがんばっていました。私が出来るのは預かりさんを探すこと。千葉のシェルターも月末ぐらいに完成予定ということで、今回は比較的短期ということで、何とか友人・知人・ご近所に無理無理(具合が悪いのをいいことに頼み込み)お願いしたところ、7家族が預かってくれることになりました。

本当に本当に感謝です。その中で少しづつ様子を紹介したいと思います。

 

dogまず、福島から到着してすぐ引取った子がチビちゃんというゴールデンミックス。まだシャンプーもしてなくてババッチかったけど、大きさ問わずの若い女子希望のご近所さんとこに決定。

ミグノンのHPに写真がたくさん載ってますが、一日で同じ子とは思えないセレブチックに変身しました。

 

05212

        浪江町からチビです。2歳です。バケツ3つ分の毛が抜けたよ~

 

05217

         先輩のジャーマンシェパード、ラナちゃんも優しくしてくれます。

         なんかお屋敷みたいにすごいお家なので遊ぶとこいっぱいだよ。

 

05213

 

05218

 

05219

 

052110

        バラ園みたいな大きなお庭のほんの一部だけ紹介しました。

 

052111

        飼い主さんはもう私たちのこと飼えないんだって。

        絶賛里親募集中です、よろしくお願いします。      チビでしたheart

 

 

dog翌日、気になっていた小型の柴ミックスを再度見に行きました。やはり和犬は気になります。比較的引取り手も少ないし、結構老犬ぽいし、ガリガリだし。。。。

悩んでいたら、いつも公園をご夫婦で散歩している方が去年柴の女の子をなくされたので、預かってくださることになりました。 

05214

何と玄関先に一度も使ってない犬小屋までありました。先住犬は一度も入らなかったそうです(^^;; 連れてきてすぐ抱いてくださったら、あらイイ感じnotes

 

05216

         犬仕様に作られたドッグラン風のお庭。徘徊もできます(笑)

 

05215

        翌日(具合が悪くても気になるの)洋服を持っていきました。似合う~up

 

05211

HPにも載っていますが、小高区を放浪している時に保護されたので名前がわかりません。でもどこかに飼い主さんはいるはず。幸せになるようにと預かりさんが幸ちゃん(さっちゃん)と仮の名をつけてくださいました。 優しいご夫婦に預かっていただけて良かったね!幸ちゃんheart

 

 

dogその後、えっこさんや小金井公園のドッグカフェ「うちの仔」、のオーナーさんや店長さんなどが次々申し出てくれて4頭が決まりました。この子たちは後日レポートします。

皆さん、小金井公園近くの「うちの仔」さん、ご利用くださいねーーー!福島のわんちゃん2頭看板犬?になってますよー!

 

dog最後の一頭になってしまったチビちゃんのお母さん犬、ムクちゃんは、ナント柴犬・あゆの日記のdekorinさんのお宅で引受けてくれました。うひょ~~ココもセレブなお宅shine

 

こうしてお仲間が協力してくださり、今回の犬たちは預かり先がすべて決まりました。現地にはまだ残された子達がいっぱいいます。同じ地球で生活しているのだから動物たちも生きる権利があります。

なぜ国レベルで救うことができないのか、悲しいです。せめて、今生きて頑張っている子たちを行政も一丸となって救ってあげて欲しい。

|

« 新作 | トップページ | 福島の犬たち④ »

動物愛護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新作 | トップページ | 福島の犬たち④ »