« 福島の犬たち⑤ | トップページ | この季節がやってきた »

2011/06/16

◇杏里との思い出◇

<譲渡会皆勤賞の杏里は今日も行くーー!>って感じで毎回出席していたミグノン譲渡会。 お迎えに行くと「よく寝てましたよ~」とか「今日も椅子の下に隠れてました」・・・何のために参加してるのかわからない状態。

私もマスターも「この子は決まらなくても・・・」という気持ちは心のどこかにありました。だから12日の譲渡会もそろそろ終わりに近づいた頃 「杏里に申込み!!」 ってDMもらった時に 「ひぇーーーっ!!」 って返事したぐらい驚きました。そしてまず聞いたのが 「ひとりっこ?」 返事は「夫婦と小学生の子供と猫で一戸建て」いいじゃん!

杏里は猫に対しても無関心だし、人はみんな大好きだし、ただ私としてはできれば先住犬のいない家庭に嫁いで欲しかった。犬は嫌いじゃないけどウチで結構気を遣っていたから。。。だから嬉しい!

里親希望者のお住まいも隣接のS区、あっチェリーの嫁ぎ先の近くじゃない?アンケートにはお留守番2時間以内だし、引越しもしないってことだし、安心して杏里を任せられそう。その日の夜、トライアルは14日からと決まり、いよいよ本当に杏里とのお別れが近づきました。

 

 clover 柴パラで紹介しているけど、思い出深い写真を数枚。

 

06161_2 06162_3

ミグノンに保護されなかったら杏里は殺処分されていました。必ず引取るからとキープしててもらい、お迎えまでセンターで皮膚疾患の治療をされて、9月にミグノンにやってきました。それでもこんなだものdown 

 

06164

06163_2

        うちにやってきたのは12月1日 皮膚病対策で洋服や靴下で頑張った。 

思えば、チェリーのトライアルが決定した時、<しばらく4柴の生活をさせたいので預かりは少しの間お休みにして欲しい> とマスターに言われて 「うん!」 トライアル当日里親さん宅にチェリーをお届けしたとき、遠くに見えるミグノンの車に犬が見えた。まさか・・・!! そのまま引き渡され、行きはチェリー、帰りはハイジ(当時)ってことになり、帰宅したとき、そ~~~~っと家の中にcoldsweats01   マスターに怒られるかと思ったらコロに似てたせいかセーフでした。

 

061613

肌はボロボロだったけどすごく表情に活気が出てきてhappy01  一緒にクリスマスパーティーもしました。

 

061612

           お正月、元旦には父のお墓参りにも一緒に行きました。

  

06165

ウチに来て一ヶ月を過ぎると、まだ痩せてはいるけど、皮膚の調子はだいぶ良くなって来ました。

 

06166

         2月になるとすっかり家庭犬らしくなりました。

 

06167

       3月、寒がりだったな~ww もう杏里いないならコタツいらなくなるかも(^^;)

 

06168

震災当日の夕方の散歩は家に残していくのが怖くて全員で散歩、杏里も家族の一員だもん!

 

061610

           4月には桜を観に千鳥が淵まで行きました。

 

061611

       

061620

   

061618

           ドッグカフェも数え切れないほど行ったね!

 

061616

               私のお気に入りの一枚heart 

 

061617

          トライアル前日の壮行会にてbell

      

 

・・・・・・・そして当日の朝 6月14日

 

061614

               杏ちゃん、オハヨーgood

 

061619

             柴パラ家、最後の多頭散歩

 

        mistそして夜8時半に里親さん宅に無事お届けしました。

 

camera翌日、新しい家族から写メが届きましたup 

061621

  早速買っていただいた白とピンクの首輪heart02 ここはお気に入りのソファだそうです。

 

そして、、、、

 「箱入り娘なので大切に、そして引き続き幸せな安心できる家族を目指します」 というメールをいただき、オバチャンは号泣です。

まだトライアル期間なので、正式譲渡になるまで安心できませんが、お会いした感じでは優しそうなご夫婦と元気な男の子で杏里が何かやらかせない限り、大丈夫だと思います。頼むぞ、杏里sign03

 

           幸せになってほしいから・・shineshineshine

 

 

 

 

 

|

« 福島の犬たち⑤ | トップページ | この季節がやってきた »

動物愛護」カテゴリの記事

コメント

読みながら、じんわり涙が出てきました。
柴パラママさんのところに縁あってくる子達は、みんな日にちを重ねるごとに穏やかな表情になって、最後はある意味境地に達したような静けさを感じます。言葉では言い尽くせないくらい苦しい体験をしたあとの、柴パラファミリー。そして新しい家族。それをしっかり包み込み、見守り、見送られる柴パラファミリーには、いつも頭が下がります。
柴パラママさんの姿勢、心より尊敬します。
杏里ちゃん、ホントに可愛かった。私、もうブログで会えないかも、と思うとさみしいな。

投稿: クルミのかーたん | 2011/06/17 08:33

私もうるうるしてしまいました。

杏里ちゃん、本当に最初のころに比べると肌もきれいになったり、毛並みもふさふさ、そして何より表情が明るくなりましたよねheart01
幸せ~って感じにあふれていました。
これも柴パラファミリーの中で、大切な時間を過ごした賜物ですsign01

こんな杏里ちゃんだから、希望者の方がいらしたのでしょう。

杏里ちゃんには1度しか会っていないけど、とってもかわいかったhappy01

今までは4柴ちゃんたちの後についていくって感じでしたが、これからは一人っ子で思いっきり甘えてほしいですね。

お子さんともいい遊び相手になったら、もっといいな~dog

しばらくはさびしいでしょうけれど、また次の子が・・・来ますよねsign02

投稿: チップママ | 2011/06/17 12:20

杏里の歴史ですね。

長くいたんだと実感します。

やはり複雑ですね。

新しい家族が出来たことは喜ばしいことですが、これだけ家族同然だっただけにヤッター\(^O^)/となれるのは、もう少しあとなのかなconfident

でも、素敵なファミリーのようですし、やはり喜ばしいことですよlovelylovely

投稿: えっこ | 2011/06/17 19:37

涙を拭きながら杏里の写真を見てました。
いつも4柴ちゃん達に混じりながら
控えめに馴染んいた姿がいじらしかったです。
かわいい・・本当に思います。

新しいご家族から送られて来た写真の
ピンクの首輪の杏里はリラックスして
なんとなく安心しました。

私もkazuさんご夫婦を尊敬します。
ここまでなかなかできることではないですよ。
少しの間水入らずで過ごせるといいですね。
本当にお疲れさまでした。

投稿: プリンママ | 2011/06/17 21:40

柴パラ様、思い出いっぱいですね・・・

私も仕事から帰宅して(または職場でcoldsweats01)パソコンを立ち上げた時、まず最初に柴パラファミリーを覗かせていただき、そして杏里ちゃんの様子が知りたくて毎日拝見しておりました。

杏里ちゃんの表情が日に日に穏やかに更に可愛くなっていく様子はこちらまで幸せになりました、

本当にありがとうございます。

柴パラ様は私の「神」です。

↑皆様のコメントも読ませていただきましたconfident
同感です。

S区って、もしかしてもしかしてshine

お近くだといいな・・・

杏里ちゃんと柴パラちゃん達と、ララとハクで会えるといいな・・・

投稿: ララままデス | 2011/06/17 23:03

ずっと杏ちゃんのこと考えていました。
このままきっといつまでもみんなと一緒かな・・なんて
思って・・そのうち逢えると思っていました。

あまりに突然のことで・・
今日杏ちゃんが来てからの画像を見ながら
私も本当に感無量です(;;)
とてもいいご家族なのはうれしいけれど、杏ちゃんの幸せならうれしいけれど・・それとは別っこの思いです。
S区だったら・・会えるかな、いつかはなちゃんと遊んでくれるといいなと願っております。

投稿: Hanako | 2011/06/18 21:51

皆さま、杏里への応援そして私へのいたわりのコメントありがとうございました。
何度も読みながら、励ましや暖かい言葉に感謝です。
実は杏里をお届けした翌日までは結構元気で次に向けて~
って気分だったのですが、その後急に杏里ロスになりまして
おひとりづつお返事していると号泣しそうでできないんです。
新しい家族はとても可愛がってくれているようで猫とも仲良しだそうです。
ただ、ひとつだけ気になるのが食事のことなんです。
杏里の皮膚疾患のことを考えて食事とサプリは大事なのですが
それをきちんと続けてもらえるか・・・私はもう会うことはないと思うので
トライアルが終わるまでにはきちんとお話してもらうようお願いしてあります。
正式譲渡が決定したらまた報告いたしますね!

ちなみに杏里は小田急線が走っているS区の住犬になる予定です。

投稿: kazu姉 | 2011/06/20 00:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福島の犬たち⑤ | トップページ | この季節がやってきた »